2013年07月20日

弁証トレーニング130717

7月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」晴れ

症例7の回答

病因・病機:
禀賦薄弱・体質虚弱→正気不足→虚労(疲労しやすく体力が衰えた状態)

@ 肺気不足→表衛不固→気短自汗
A 肺気虧虚→腠理不密→外邪を感受しやすい→易感冒
B 肺気虧虚→心脈を貫き全身に通達できない→気血が血脈に充満できない→面白・舌質淡・脈弱

主訴(病名): 疲れやすい→虚労(疲労しやすく体力の衰えた状態)

弁証: 肺気虚(汗証)

【治法】補肺益気+益気固表

方薬 玉屏風散:黄耆6.0;白朮4.0;防風3.0
牡蛎散:牡蛎・麻黄根・黄耆各4.0;小麦8.0


【施膳方針】  補肺益気(益気固表)

食材選出

斂肺止咳:五味子→収渋類:レモン・石榴・五味子・蓮子・芡実・烏梅・肉豆蔲(ナツメッグ)・五味子

補肺:人参・黄耆→補気で肺に帰経:餅米・氷砂糖・銀杏・蒜の芽と茎・葡萄・桃・ツバメの巣・烏骨鶏の肉・ガチョウの肉・バター・甘酒・

補腎納気:熟地黄・五味子→補腎で肺にも→刀豆・黒胡麻・牛蒡・マッシュルーム・葡萄・ブルーベリー・烏骨鶏の肉・蛙の肉・ハーシーモ・牛乳

止咳平喘:紫菀・桑白皮→止咳平喘類:蘇子・銀杏・梨・羅漢果・ビワ・杏仁・柿・枇把葉

固表止汗:黄耆・人参・五味子→収渋類:同上


主菜:烏骨鶏の肉団子入りスープ   補養腎気・潤肺


烏骨鶏の肉 200g 甘平 肝腎肺 養肝補腎・補気補血・清虚熱


マッシュルーム 100g 甘温 腎脾肺胃大腸 補腎 通便 化痰

牛蒡 50g 甘辛微涼 肺肝大腸 通便 補腎 清熱 袪風

蓮の実(蓮子)20個 甘渋平 脾腎心 健脾止瀉・益腎固精・養心安神


銀杏 20個 甘苦渋平 肺腎 潤肺 補気 止帯 縮尿

使
蒜の芽と茎 50g 辛温 脾胃肺大腸 健脾補気 行気 化湿 解毒

棗 20個 甘平 脾胃 健脾和中 補気生津




副菜:杏仁豆腐 ビワと葡萄入り   止咳平喘・益気補腎



杏仁(杏仁霜50g) 苦微温 肺大腸 止咳平喘 潤腸通便(小毒)


ビワ(缶詰1缶) 甘酸涼 脾肺肝胃 潤肺止咳 生津止渇 降気化痰 和胃

ぶどう20粒 酸甘/平 肺脾腎 補気 強筋骨 利水安胎 除煩止渇 補肝補腎

牛乳200cc 甘平 心肺 補虚損 補腎 益胃生津 潤腸


レモン(汁40cc) 甘酸平 肺胃 生津止渇 清熱解毒 安胎 化痰

使
白砂糖80g 甘涼 脾 潤燥止渇 補中補気




症例8の解答

病因・病機:

過労→ストレス(精神的抑鬱)→肝の条達失調→気欝(気機が鬱滞)

木克土→脾失健運→生血不足→肝血不足(血も濡養不足)

→@血不栄頭面・血不栄目→眩暈・面色不華・視力減退・目が疲れやすい・目の異物感
 
→A心血にも影響→不眠


主訴(病名): 不眠

弁証: 肝血不足

治法: 養肝補血・明目

方薬: 酸棗仁湯:酸棗仁8.0;茯苓5.0;知母・川芎各3.0;甘草1.0 

■食材選出:

疏肝:大麦、春菊、薄荷、ニラ、ミカン、スモモ、陳皮、八角茴香

養血:蓮根(熟)、松茸、茘枝、牛肉、豚心、羊肝、ハム、タコ、アゲマキ、ほうれん草、

安神:小麦、蕨、春菊、青梗菜、百合根、蓮の実、ヤマブシタケ、桃、ナツメ、豚心、鶏卵、鮑




◎不眠の弁証施膳 A〜Dは次回への宿題ですプレゼント


posted by any at 13:57| Comment(0) | 勉強会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: