2013年10月16日

第8回 10/16(水) 食事会(西宮市)

薬膳イタリアン

ディアモ・クッチーナ  
〒662-0868 西宮市中屋町9-29  Tel & Fax 0798-72-0056

島根県や加古川など遠方よりのご参加、有難うございました。

ANY会長・岡本先生もお料理の写真をパチリカメラ
2013-10-16 12.31.37岡本先生.jpg


お料理はとても美味しく キスマーク
皆様、大いに盛り上がりグッド(上向き矢印)
楽しい薬膳ランチになりましたぴかぴか(新しい)

ご参加下さいました皆様、有難うございました。



<献立>  参加者には薬膳解説付きです☆ 

前菜

@ リヨン風サラダ
(鶏肝・ウズラ卵のポーチドエッグ・ほうれん草・ベーコン・蓮根・レタス等)
2013-10-16 12.17.54@リヨン風サラダ.jpg

A 揚げピザ(舞茸・マッシュルーム・銀杏・百合根)
  鴨胸肉のローストにハチミツと山椒風味
  ホタテと山芋のポワレ ヴィンコット風味

2013-10-16 12.31.28A挙げピザ.jpg

B 無花果と杏仁のスープ(蓮子・松の実・トマト・豚肉・他)

2013-10-16 12.50.46B杏仁スープ.jpg

大好評のスープ わーい(嬉しい顔)

無花果(咽の炎症・乾咳・しゃがれ声などにお薦め)と
杏仁(咳止め・便秘・肌荒れなどにお薦め)を組み合わせた
「秋の薬膳スープ」をイタリアンにアレンジグッド(上向き矢印)


2013-10-16 12.55.32C杏仁.jpg

杏仁は南杏(香りが良い)と北杏(薬効が南杏より強い)の2種類を使ってます。
右の大きい方が南杏で、小さい方が北杏です。

2013-10-16 12.17.48金子シェフ.jpg

シェフはサービス精神旺盛グッド(上向き矢印)
サササッと、実物を見せてくれます目


C サンマと春菊のペンネ(シメジ、ニンニク、アンチョビ、ミニトマト)

2013-10-16 13.09.58E秋刀魚ペンネ.jpg

これ!本当に美味しかったです揺れるハート
ペンネは余り美味しいと思ったことが無いのですが
ゆで加減もバッチリ、秋刀魚もスゴく美味しかったですわーい(嬉しい顔)

D 黒豆と干しリンゴのパン

2013-10-16 12.56.26D黒豆リンゴパン.jpg

E 仔羊のソテー 栗のピューレ添え

2013-10-16 13.33.20F子羊栗.jpg



F デザート

  杏仁豆腐・龍眼肉と銀耳入り
  梨とレーズンのワイン煮
  サツマイモの焼きプリン アマレッティ(イタリアのメレンゲ菓子)入り
2013-10-16 13.58.13Gデザート.jpg

サツマイモの焼きプリンが実に美味しかったですぴかぴか(新しい)


デザートとドリンクに入ってた龍眼も
シェフがササッと、料理前の物を見せてくれます目
2013-10-16 14.07.35I龍眼.jpg

G(選択)コーヒー or 龍眼肉入りジャスミンティ

2013-10-16 14.07.52Jお茶.jpg


献立監修:芦屋薬膳・西野久子
      (国際中医薬膳師・国際中医師・調理師)





posted by any at 18:33| Comment(0) | 勉強会

2013年09月19日

弁証トレーニング130918

9月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」

晴れ 症例9の回答

主訴(病名):生理痛

弁証:寒凝胞中

治法:散寒暖宮

方剤:当帰四逆加呉茱萸生姜湯
   (大棗5.0;生姜4.0;当帰・芍薬・木通・桂枝各3.0;細辛・甘草・呉茱萸各2.0)

施膳:艾葉粥


晴れ 症例10の回答

主訴(病名):口内炎

弁証:風熱邪毒

治法:辛涼透表・清熱解毒

方剤:銀翹散+白虎湯
   
(芦根15.0;金銀花・連翹各12.0;淡豆豉・淡竹葉・牛蒡子各9.0;薄荷・荊芥・桔梗各6.0;甘草3.0)
(石膏15.0;粳米8.0;知母5.0;甘草2.0)

施膳:塩漬けの瓜(西瓜の皮・冬瓜・胡瓜・塩昆布)

4kawa.jpg





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回は10/16(水)12時

食事会(西宮市のイタリアン・レストラン)

岡本先生と薬膳ランチ(お一人様 3000円)


ディアモ・クッチーナ


〒662-0868 西宮市中屋町9-29

営業時間
Lunch/11:00〜15:00(LO.14:00) 

駐車場 :なし(近辺のコインパークをご利用下さい)


申込先:西日本勉強会事務局  any.westjapan@gmail.com 

ご興味有る方、お問合せ下さい。





posted by any at 10:06| Comment(0) | 勉強会

2013年07月20日

弁証トレーニング130717

7月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」晴れ

症例7の回答

病因・病機:
禀賦薄弱・体質虚弱→正気不足→虚労(疲労しやすく体力が衰えた状態)

@ 肺気不足→表衛不固→気短自汗
A 肺気虧虚→腠理不密→外邪を感受しやすい→易感冒
B 肺気虧虚→心脈を貫き全身に通達できない→気血が血脈に充満できない→面白・舌質淡・脈弱

主訴(病名): 疲れやすい→虚労(疲労しやすく体力の衰えた状態)

弁証: 肺気虚(汗証)

【治法】補肺益気+益気固表

方薬 玉屏風散:黄耆6.0;白朮4.0;防風3.0
牡蛎散:牡蛎・麻黄根・黄耆各4.0;小麦8.0


【施膳方針】  補肺益気(益気固表)

食材選出

斂肺止咳:五味子→収渋類:レモン・石榴・五味子・蓮子・芡実・烏梅・肉豆蔲(ナツメッグ)・五味子

補肺:人参・黄耆→補気で肺に帰経:餅米・氷砂糖・銀杏・蒜の芽と茎・葡萄・桃・ツバメの巣・烏骨鶏の肉・ガチョウの肉・バター・甘酒・

補腎納気:熟地黄・五味子→補腎で肺にも→刀豆・黒胡麻・牛蒡・マッシュルーム・葡萄・ブルーベリー・烏骨鶏の肉・蛙の肉・ハーシーモ・牛乳

止咳平喘:紫菀・桑白皮→止咳平喘類:蘇子・銀杏・梨・羅漢果・ビワ・杏仁・柿・枇把葉

固表止汗:黄耆・人参・五味子→収渋類:同上


主菜:烏骨鶏の肉団子入りスープ   補養腎気・潤肺


烏骨鶏の肉 200g 甘平 肝腎肺 養肝補腎・補気補血・清虚熱


マッシュルーム 100g 甘温 腎脾肺胃大腸 補腎 通便 化痰

牛蒡 50g 甘辛微涼 肺肝大腸 通便 補腎 清熱 袪風

蓮の実(蓮子)20個 甘渋平 脾腎心 健脾止瀉・益腎固精・養心安神


銀杏 20個 甘苦渋平 肺腎 潤肺 補気 止帯 縮尿

使
蒜の芽と茎 50g 辛温 脾胃肺大腸 健脾補気 行気 化湿 解毒

棗 20個 甘平 脾胃 健脾和中 補気生津




副菜:杏仁豆腐 ビワと葡萄入り   止咳平喘・益気補腎



杏仁(杏仁霜50g) 苦微温 肺大腸 止咳平喘 潤腸通便(小毒)


ビワ(缶詰1缶) 甘酸涼 脾肺肝胃 潤肺止咳 生津止渇 降気化痰 和胃

ぶどう20粒 酸甘/平 肺脾腎 補気 強筋骨 利水安胎 除煩止渇 補肝補腎

牛乳200cc 甘平 心肺 補虚損 補腎 益胃生津 潤腸


レモン(汁40cc) 甘酸平 肺胃 生津止渇 清熱解毒 安胎 化痰

使
白砂糖80g 甘涼 脾 潤燥止渇 補中補気




症例8の解答

病因・病機:

過労→ストレス(精神的抑鬱)→肝の条達失調→気欝(気機が鬱滞)

木克土→脾失健運→生血不足→肝血不足(血も濡養不足)

→@血不栄頭面・血不栄目→眩暈・面色不華・視力減退・目が疲れやすい・目の異物感
 
→A心血にも影響→不眠


主訴(病名): 不眠

弁証: 肝血不足

治法: 養肝補血・明目

方薬: 酸棗仁湯:酸棗仁8.0;茯苓5.0;知母・川芎各3.0;甘草1.0 

■食材選出:

疏肝:大麦、春菊、薄荷、ニラ、ミカン、スモモ、陳皮、八角茴香

養血:蓮根(熟)、松茸、茘枝、牛肉、豚心、羊肝、ハム、タコ、アゲマキ、ほうれん草、

安神:小麦、蕨、春菊、青梗菜、百合根、蓮の実、ヤマブシタケ、桃、ナツメ、豚心、鶏卵、鮑




◎不眠の弁証施膳 A〜Dは次回への宿題ですプレゼント


posted by any at 13:57| Comment(0) | 勉強会

2013年06月19日

調理実習130619

6月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「調理実習(治療薬膳をターゲットに)」

ANY勉強会130619 020.JPG

テーマは「梅雨時に充てる固渋メニュー」

・玉屏風散の解説

・鯵の照り焼き トウチあん

・茄子の蒸し物 香味ソース

ANY勉強会130619 016.JPG


まずは、黄耆・白朮・防風を煎じて
それぞれどんな味なのか、体験ひらめき

ANY勉強会130619 014.JPG

岡本先生、鮮やかに鯵を三枚おろしに〜ぴかぴか(新しい)

ANY勉強会130619 024.JPG



鯵の照り焼き トウチあん

お魚は何でもOK!
お豆腐でも美味しいそうです。

ポイントは「トウチあん」ですぴかぴか(新しい)
ANY勉強会130619 032.JPG



茄子の蒸し物 香味ソース

ヘタのところは捨てずに、グルリと堅いところを切り取って十文字に切り込み目
柔らかくなるまで蒸します。
ソースは材料を混ぜるだけ。

ANY勉強会130619 034.JPG

二品とも、簡単で美味しいお料理でした。



ANY勉強会.jpg

ーーーーーーーーーーーーー
次回は〜

日時:7/17(水)13〜16時

内容:弁証施膳の手ほどき「夏の暑さに影響される不眠対策」

会場:芦屋市民センター会議室 102号室

会費:会員3500円 非会員4000円

申込先:西日本勉強会事務局  any.westjapan@gmail.com 

ご興味有る方、お問合せ下さい。



posted by any at 16:54| Comment(0) | 勉強会

2013年05月24日

2013年の日程

市民センター.JPG

ANY 西日本勉強会 : 弁証施膳の手ほどき(指導:岡本清孝)

日時: 毎月1回 中旬の水曜日13〜17時

第1回 1/21(水) 講義(気血津液)

第2回 3/13(水) 講義(津液不足)

第3回 4/17(水) 講義(陰虚内熱)・弁証トレーニング

第4回 5/22(水) 講義(陽虚)・弁証トレーニング

第5回 6/19(水) 調理実習(治療薬膳をターゲットに) 会員5000円・非会員5500円

第6回 7/17(水) 講義(不眠)・弁証トレーニング

第7回 9/18(水) 食事会(西宮市) 講義(糖尿病)・弁証トレーニング

第8回 10/16(水) 食事会(西宮市)

第9回 11/13(水) 講義(咳嗽)・弁証トレーニング

第10回 12/11(水) 講義(虚労)・弁証トレーニング

お休み:2月(中級テキスト研修会)・8月(夏休み)


会場: 芦屋市民センター(芦屋市業平町8番24号 )会議室

交通: JR芦屋駅・阪急芦屋川駅より徒歩7分、阪神芦屋駅徒歩8分

会費: 会員3500円、非会員4000円

問合: email : any.westjapan@gmail.com


会員の皆様のご参加をお待ちしてます。
尚、非会員・薬膳初心者・興味ある方も、どうぞお気軽にお問合せ下さい。



posted by any at 11:46| Comment(0) | 日程

2013年05月23日

弁証トレーニング130522

5月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」晴れ

130522岡本先生.JPG

かわいい 症例5の解答

病名:肝欝証

弁証:肝欝気滞証

治法:疏肝理気・活血

処方:

加味逍遙散:当帰・芍薬・柴胡・蒼朮・茯苓各3.0;甘草・牡丹皮・梔子各2.0;薄荷・乾生姜各1.0
   
当帰芍薬散:芍薬・茯苓・朮・沢瀉各4.0;当帰・川芎3.0
   
麻子仁丸:麻子仁5.0;大黄4.0;芍薬・枳実・厚朴・杏仁各2.0;煉蜜
  
服用後、2週間で生理が有り、全身が軽くなった。



かわいい 症例6の解答

病名:痺証

弁証:痺証

治法:疏経活血・通陽去湿

処方:

疎経活血湯:芍薬2.5;当帰・地黄・朮・桃仁・川芎・茯苓2;牛膝・陳皮・威霊仙・防已・羗活・防風・竜胆・乾生姜1.5;白芷・甘草

麻杏薏甘湯:薏苡仁10.0;麻黄4.0;杏仁3.0;甘草2.0

+外用薬:白花蛇舌草と紅花の煎じ液を湿布する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


次回は生薬を使った調理実習グッド(上向き矢印)

日時:6/22(水)13〜16時

会場:芦屋市民センター214号室(調理室)

会費:会員5000円 非会員5500円

申込先:西日本勉強会事務局  any.westjapan@gmail.com 

ご興味有る方、お問合せ下さい。


posted by any at 12:09| Comment(0) | 勉強会

2013年05月22日

弁証トレーニング130417

4月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」ぴかぴか(新しい)



医案1)痺証(熱痹)

肝鬱.jpg

病因:内因(正気不足)+外因(風・湿・熱)

病機:経絡阻滞による気血運行不暢

邪熱→経絡・関節に壅滞→気血が鬱滞→不通→局部灼熱紅腫→関節痛→屈伸不能
熱盛→津液損傷→発熱・悪風・口渇・煩悶不安・苔黄燥・脈滑数

主訴:関節痛

病名:痺証(熱痹)

   発症は比較的急性・全身症状が顕著
   邪気が容易に体内に影響する・症状は変化しやすい

弁証:風湿熱痹 

治法:清熱通絡 袪風除湿

処方:白虎桂枝湯加減

    白虎湯(清熱解肌・通絡)、桂枝湯(解肌発表・調和営衛)

白虎湯:石膏15.0;粳米8.0;知母5.0;甘草2.0
桂枝湯:桂枝・芍薬・生姜・大棗各4.0;甘草2.0
(清熱解毒)金銀花・連翹・黄柏
(活血通絡・袪風除湿)海桐藤・姜黄・威霊仙・防已・桑枝

医師の指示:身体を鍛える、居住環境に注意・湿度の高い場所を避ける・寒暖の差に注意

【施膳方針】 清熱通絡 袪風除湿

料理名: 西瓜飲(西瓜ジュース)

君:スイカ 甘/寒 心胃腎 清熱解暑 除煩止渇 利水
臣:白砂糖 甘/涼 脾 潤燥 止渇 補中 補気
佐使:レモン (甘)酸/平 肺胃 生津止渇 清熱解暑 安胎 化痰




医案2)肝気鬱結

熱痺.jpg

病因:内因(七情内傷)

病機:情志抑鬱や暴怒→肝を損傷→肝の疏泄不利→気阻絡痺→胸痛

主訴:胸脇苦満

病名:胸痛

弁証:肝気鬱結 又は、気滞瘀血

治法:疏肝理気

処方:柴胡疏肝散加減

  柴胡疏肝散=四逆散(柴胡・芍薬・枳実・炙甘草)+陳皮・川芎・香附子


医師の指示:気分転換・ストレス発散・散歩などの軽い運動

【施膳方針】 疏肝理気

二花飲(マイカイカとジャスミンのお茶)


君:玫瑰花 甘微苦/温 肝脾 理気解欝 化瘀
臣:ジャスミン 辛甘/温 心脾肝 理気解欝 散瘀 補中 安神
佐使:烏龍茶 苦甘涼 肝脾 化痰消食・利水解毒・養心安神


小茴香ご飯

君:小茴香1g 辛温 肝腎脾胃 散寒止痛・理気和胃・温脾開胃・止痛
臣:陳皮2g 辛苦温 脾肺 理気調中・燥湿化痰
佐使:粳米2合 甘平 脾胃 補中補気、健脾和胃



ーーーーーーーーーーーーー
次回は〜

日時:5/22(水)13〜16時

会場:芦屋市民センター会議室

会費:会員3500円 非会員4000円

申込先:西日本勉強会事務局  any.westjapan@gmail.com 

ご興味有る方、お問合せ下さい。










posted by any at 12:17| Comment(0) | 勉強会

2013年05月21日

弁証トレーニング130313

3月の勉強会のご報告

内容は岡本先生による「医案による弁証訓練」目

医案1)の弁証は〜

病名: 眩暈

弁証: 肝腎陰虚(又は、腎陰虚)

治法: 滋補肝腎(又は、補腎陰)

処方: 六味地黄丸

施膳: スズキとホタルイカのソテー 春野菜添え

スズキのソテー:ルビアン.jpg

今回はディアモ クッチーナのマダムをお誘いして参加したので、
勉強会の前にランチをご一緒してました。

その一品がバッチリだったので、マダムの方からこちらの一品を提案して頂きました手(チョキ)

ANY勉強会:いくこ.jpg

医案2)の弁証は〜

病名: 頭重

弁証: 痰湿停滞・阻肺脾胃

治法: 燥湿化痰・理気和中

処方: 二陳湯

施膳: 砂肝とトウモロコシのご飯


帰宅してから、実際に作ってみました↓

砂肝ご飯 007.JPG


ーーーーーーーーーーーーー
次回は〜

日時:4/17(水)13〜17時

テーマ:陰虚内熱の消法分析&症候分析による施膳訓練A

会場:芦屋市民センター会議室

会費:会員3500円 非会員4000円

申込先:西日本勉強会事務局  any.westjapan@gmail.com 

ご興味有る方、お問合せ下さい。


posted by any at 12:25| Comment(0) | 勉強会